Kazumasa Taniguchi Art Gallery | RIVORA×Kazumasa Taniguchi×CARRE 2010 | RIVORA × Kazumasa Taniguchi × CARRE

RIVORA × Kazumasa Taniguchi × CARRE
RIVORA 2011 Spring / Summer Collection for Men and Women

RIVORA × Kazumasa Taniguchi × CARRE

“言語とはいかなる場合でも、伝達可能なものの伝達であるだけにとどまらず、 同時に、伝達不可能なものの象徴でもある” 
Walter Benjamin

見えない空気の震えを、音に変えるCARRE
概念と実態の淡いに漂う言葉を、鉄で定着させる谷口和正
私たちのコミュニケーションは、 実は、見えないし聞こえないものを交換することで成り立っている/気がしている。
一人ひとりの身体は、他者との危うい関係性を突破して、 共感しているという不思議な世界に、立っている。

------------------------------------------
ファッション・ブランドRIVORAでは、年に2度の展示会でアーティストとセッションを繰り返してきました。
RIVORA Spring / Summer Collection 2011のSpecial Exhibitionは、鉄を素材に文字を操るアーティストの谷口和正氏と、インダストリアル・ミュージック界でひときわ異彩を放つミュージシャンのCARREとの3者で、お届け致します。
void+のミニマムな空間を埋め尽くす、光と影と音楽、そこに立つRIVORAレディース・コートには、あるロック・ミュージックの歌詞を解体した、言葉の影が投影されています。 不思議な感覚を体感して下さい。

■RIVORAとART EXHIBITION RIVORAにとって、アートは欠かせない要素なのかと、よく質問されます。
わたしたちは服屋なので、芸術作品ではなく、服を作っています。 だから、その質問に素直に答えるならば、ノーということになります。 しかし、RIVORAの服を着る方のことを考えると、その答えは、イエスです。 服は、そのままでは糸と何かの組み合わせですが、それを着る人の身体に触れて、 はじめて精神的な物に変わります。
そして、RIVORAの服作りも、日々、精神に作用する体験を大事にしています。 目には見えない事なのですが、たとえばアーティストの方と日々の流れで出会い、 その出会いがあまりに素晴らしい気がしていて、展示会の場でRIVORAの服と一緒に、 皆さんにご覧頂いています。

RIVORA INC.

Tags:
RSS RSS Feed | Archive View | Powered by zenPHOTO